SAMPLE KIDS CLUB

なきごえの歴史

「なきごえ」は、天王寺動物園の要望を受けて大阪市天王寺動物園協力会(現在の大阪市天王寺動物園協会)が開園50周年にあたる1965年(昭和40年)4月1日に創刊した大阪市天王寺動物園の広報誌です。
「なきごえ」の誌名は、人の言葉を話さない動物たちの声を、誌面を通じて伝えたいという思いを込めて付けられました。
200号を記念して、1982年(昭和57年)4月号から表紙がカラーになりました。その後誌面も充実し、300号からは記事のページも一部カラーになりました。
2001年(平成13年)からそれまでの月刊から季刊に変更となり、間の2カ月の情報を発信するためWEB版の「なきごえ」を開始しました。
2015年(平成27年)1月号は開園100周年記念号として増ページし記事もすべてカラーで発行しました。記事のカラー化が好評でしたので10月号からは全ページ、カラーとなりました。
日々の情報はスタッフブログや公式Facebookで発信されるようになったことからWEB版の「なきごえ」の役割は終わったと考えられるため、2017年(平成29年)から「なきごえ」は年4回発行される印刷版のみとなりました。(印刷版の内容はWEBでも公開)
創刊から50年以上となり、いろいろ変化はありましたが、今後とも皆さんに動物たちの声、動物園の姿をお伝えしていきますのでご愛読下さい。

ページの上部へ